Ahresty

「ウィスカ」対策

「ウィスカ」とは?

「ウィスカ」とは、電気亜鉛メッキ処理をした部材から発生する針状の亜鉛結晶で、直径1~2µm、長さ10µm ~数mmに成長する組織です。電気亜鉛メッキ皮膜内の内部応力や温度環境が要因で発生すると考えられています。
フリーアクセスフロアの床下は電算機による発熱を冷やすために空調ダクトとして使用されている他、配線や配管収納スペースなどに使用されます。電気亜鉛メッキ処理されたフリーアクセスフロア部材から発生した「ウィスカ」はメンテナンス等で部材から飛散し、床上のコンピュータ等に侵入し電気回路をショー卜させシステムエラーを引き起こす原因となっています。

ウィスカによる電算システムエラー

アーレスティは「ウィスカ」対策に新技術で対応!

ウィスカ対策特殊電気亜鉛メッキ

アーレスティは「ウィスカ」対策として、高度な品質が要求される精密部品の表面処理では定評のあるサンビックス社の特殊電気亜鉛メッキ技術を採用。

sambix

特殊電気亜鉛メッキの特長

10年以上の実績から生まれる安心と信頼。

電話交換機部材、電算機部材等に10年以上の実績があり、過去にウィスカの発生は確認されていません。

優れた耐食性と光沢を保つ仕上がり。

一般性能は通常の電気亜鉛メッキと同等で、耐食性に優れ光沢のある仕上がりを保ちます。

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ、資料請求はこちらからお気軽にお問い合わせ下さい。